商品を購入する方はこちら

Z世代の起業家と思想家が“発酵×経済”をテーマに日本全国を旅する!

こんにちは、アグクル代表の小泉です。
報告があります。

この度、発酵思想のコラムを書いている醸す思想家・千葉恵介さんと9月11日より、「発酵×経済」をテーマに全国行脚することが決まりました!

ここ最近、発酵食品ブームによって健康食として発酵食品が取り上げられます。

健康や美容といった切り口で語られやすい発酵ですが、今回は、生態系として発酵を捉え人間社会に発酵生態系を組み込んだ場合に醸される経済とは何か?について考えていきます。

はじめに

その発酵を語るうえで欠かせないのが、微生物の存在です。

人間が生まれるよりもはるか昔、約40億年も前からこの地球に存在していた微生物は、私たち生命体にとって大先輩であり、運命共同体でもあります。

微生物の働きによって私たちは、酸素を吸い、酸素を栄養素として分解することができます。全ての生命体の祖先は微生物なんです。

そんな微生物の生態系から何を学び、どう経済に活かしていくのかについて、語るイベントを全国で開催していく運びとなりました!

人も地球も幸せになるサステナブルな社会をつくるためのヒントについて皆さんと一緒に考えていきます。

今回の旅先でのイベントに参加しようかなと思った方には、ぜひ事前にコラム「発酵思想」を読んでいただけるといいかなと思います。

私たちが考えている世界観をご理解いただけるかなと思います。

参考 発酵思想 | アグクルアグクル

自己紹介

千葉恵介(ちばけいすけ)

思想家
1996年生まれ。岐阜県出身。思想家。感謝経済という見返りを求めない贈与の循環を滑らかにする潤滑油として「ありがとう」を用いた経済を醸している。感謝で繋がる恩贈りSNS「musubi」を開発し、貨幣に頼らない経済を模索中。また、1畳半のモバイルハウス”Arche”で生活している。
https://camp-fire.jp/projects/view/55604

小泉泰英(こいずみやすひで)

株式会社アグクル 代表取締役
1996年生まれ。埼玉県出身。宇都宮大学農学部出身。これからの未来をつくっていく子どもたちに発酵文化を伝えたく、アグクルを2018年5月に創業。子ども向けの発酵調味料「おりぜ」や甘酒嫌いでも飲める甘酒「ありがとう」などを開発販売中。

こんな方におすすめ

  • 発酵食、発酵文化、微生物に興味がある方
  • 発酵食品がなぜ体にいいのかを知りたい人
  • シェアリングエコノミー、サーキュラーエコノミー、感謝経済など、新しい経済システムに関心のある方
  • サステナブルな社会づくりというテーマに興味がある方
  • 「発酵」×「経済」と聞いて、面白そうだと感じた方
  • モバイルハウスでの移動型生活に関心のある方

イベントの詳細

いつ出発していつまで周ってるの?

2019年9月11日の朝、鎌倉を出発して、9月27日の夜に鎌倉に戻ってきます。

スケジュール

11日:長野(飯田)
https://www.facebook.com/events/2340742346243480/

17日:広島(広島)
https://www.facebook.com/events/2665502903484650

19日:高知(高知)
https://www.facebook.com/events/3028669580691826/ 
20日:香川(高松)
https://www.facebook.com/events/378465179507766/

23日:日進(愛知)
https://www.facebook.com/events/362623878007439/

26日:神奈川(横浜)
https://www.facebook.com/events/2443124355906459/

今回の旅移動はなんとモバイルハウス!

こんにちは、醸す思想家こと千葉恵介です。

モバイルハウスArcheについて

今回、旅のお供であるモバイルハウスは、Arche(アルケー)と名付けました。
Archeの意味は、ギリシャ語で「万物の根源」という意味です。
Archeは、僕が提唱している感謝経済という「ありがとう」の循環で成り立つ経済を実践するコミュニティの秘密基地です。

感謝経済は、貨幣ではなく感謝の循環によって恩贈りを行い、心の豊かさを追求する経済のあり方で、まさに万物の根源だと思い、Archeと名付けました。

今から考えると、微生物の働きによる発酵は、万物の根源であり、今回の旅にもばっちりです。

1畳半のArcheに住んで1年が経ち、1畳半という空間の広さに居心地の良さを感じています。

Archeにはトイレやお風呂、キッチンはありません。現在は、北鎌倉の古民家シェアハウスの庭先に置かせてもらっていますが、共生しなければ生活できないArcheでの暮らしは、まさに微生物的暮らしかもしれません。

自立ではなく他立しており、互いに共生し、循環し、調和しあう微生物の生き方を模倣した暮らしの一部を感じてもらえると嬉しいです。

【随時更新中】旅のライブ配信「発酵の道」

僕らの旅の毎日を振り返るライブ配信を公開しています。

1日目「旅の出発には、ハプニングがつきもの。」

2日目「醸す思想家千葉くんの素顔に迫る。」

3日目「アレルギーフリー食研究家の野田さんと僕らのトーク」

4日目「岡山県西粟倉村から未来を考える」

Facebookの投稿一覧

Follow me!

PAGE TOP