商品を購入する方はこちら

【結論】妊婦さんにおすすめな甘酒は米麹甘酒です【甘酒の効果や酒粕甘酒の注意点も解説】

「妊婦さんって甘酒を飲むことができるの?」
「なんで妊婦さんは甘酒を飲んだ方がいいといわれているの?」
「甘酒の飲み過ぎは太るってどういうことですか?」

今回は妊婦さんに向けて、が甘酒への疑問をすべてお答えしていこうと思います。

この記事を読むことで正しい甘酒の知識を学び、妊婦さんにも効果的に甘酒を飲んでもらえるようにします。

甘酒を通して妊婦さんに健康的で元気な赤ちゃんを産んでもらえるようになったら私たちも嬉しいです。

ぜひ最後まで読んでみてください。

【苦手だったのに、毎日飲んでしまう】糀100%の甘酒「こうじつ」

妊婦さんにおすすめな甘酒は米麹甘酒です

まず結論からお伝えしますと、妊婦さんにおすすめな甘酒は米麹甘酒です。

「そもそも妊婦さんが甘酒を飲むことができるのか?」ということについてですが、米麹甘酒は安心して飲むことはできるが、酒粕甘酒は注意が必要ということです。

妊婦さんにおすすめな甘酒が米麹甘酒な理由は、アルコールを摂取してしまうリスクがないからです。

生まれてくる赤ちゃんに悪い影響が出る可能性があることから妊婦さんはアルコールを飲むのを控えるようにいわれています。

実は甘酒にはアルコールが含まれている酒粕甘酒と含まれていない米麹甘酒の2種類があります。

甘酒には2種類ある!米麹甘酒と酒粕甘酒の違いとは?

酒粕は、お酒を絞った後に残る米のカスなので、アルコールを含みます。

対して、米麹はお米のデンプンを甘味に変えたものなので、アルコールを含みません。

わかりやすいイメージとしては、お酒を作る前のものが米麹で、お酒を作った後のものが酒粕です。

栄養などの詳しい違いについては「甘酒には2種類ある!米麹甘酒と酒粕甘酒の違いとは?」でお伝えしているのでご覧ください。

つまり米麹甘酒はノンアルコールなので妊婦さんでも安心して飲むことができるためおすすめです。

妊婦さんが甘酒を飲むといい2つの効果とは?

おすすめが米麹甘酒というのを知ったところで、次に妊婦さんが甘酒を飲むといい効果についてお伝えします。

妊婦さんが甘酒を飲むといい2つの効果は

  1. 腸内環境を整えることで便秘の解消につながる
  2. 食欲不振のときの栄養補給になる
です。

①腸内環境を整えることで便秘の解消につながる

便秘などに悩んでいる妊婦さんが甘酒を飲むと便秘解消につながります。

甘酒に含まれるオリゴ糖や食物繊維など発酵によって生まれた栄養が腸内の善玉菌のエサになり、腸内環境を整えます。

腸内環境が整うと、うんち(便)を出すための運動が正常化するため、便秘が解消する方向に向かいます。

②食欲不振のときの栄養補給になる

2つ目の妊婦さんが甘酒を飲むといい効果として、食欲不振のときの栄養補給になるということが挙げられます。

甘酒は飲む点滴といわれ、炭水化物、必須アミノ酸、ビタミンB類にミネラルといった栄養がバランスよく含まれています。

甘酒の特徴をいうと、甘酒だけ飲んでいれば健康になれるとはいかないけど、私たちの体に必要な栄養がバランスよく含まれた飲み物という感じです。

そのため、つわりなどで食欲がわかないときや、少し甘いものを摂りたいときに甘酒は最適です。

酒粕甘酒を飲んでしまった妊婦さんはどうすればいいの?

酒粕甘酒を妊婦さんが控えた方がいい理由は、アルコールですが、もし妊婦さんが酒粕甘酒を飲んでしまった場合どうすればいいのかをお伝えします。

日本産婦人科医会がまとめた「飲酒、喫煙と先天異常」によると、妊娠中のアルコール摂取量と胎児への影響は1日アルコール摂取量が15ml未満の場合、「胎児への影響は少ない」と言われています。

酒粕自体には8%ほどアルコールが含まれていますが、酒粕甘酒のアルコール含有量1%未満なので、100mlであれば1ml未満です。

そのため1回飲んでしまったからといって「胎児性アルコール症候群」を引き起こすような可能性は低いので安心してください。

様子をみて体に異変があるなどを感じた場合は、お医者さんに相談してください。

甘酒の飲み過ぎは妊婦さんの太る原因になる

健康的な飲み物として知られている米麹甘酒ですが、飲み過ぎは太る原因になるので、1回100g程度を適量として飲むようにしましょう。

米麹甘酒には、妊婦さんに必要な葉酸をはじめとしたビタミンB類や鉄などのミネラルもバランスよく含まれています。

そのため日常的に飲みたい飲み物ですが、栄養成分のメインとなるのが炭水化物(糖質)です。

炭水化物(糖質)はエネルギーへと変わるため、私たちの体を元気にするのに必要です。

しかし摂り過ぎてしまうと炭水化物(糖質)【正確には炭水化物が分解されたブドウ糖】が中性脂肪に形を変えて、脂肪細胞に取り込まれることで、太る原因となります。

そのため米麹甘酒は朝、食欲が出ないときやおやつとして1杯100g程度を目安に飲むようにしましょう。

腸内環境を整えて、便秘を解消する方向に向かうには、継続的に摂取することが必要ですので、1回にたくさん飲むのではなく、毎日や2日に1回などあなたが飲みたいペースで良いので、日常生活の中に甘酒を取り入れていくことが重要です。

おわりに

いかがだったでしょうか?

今回は「妊婦さんにおすすめな甘酒は米麹甘酒です」ということで、甘酒の効果や酒粕甘酒の注意点についてお伝えしてきました。

妊婦さんにとって、便秘解消や栄養補給の観点から発酵食品である甘酒を積極的に摂取していくことはおすすめですが、飲む際はノンアルコールである米麹の甘酒を飲むことを意識してください。

とはいえ米麹甘酒の飲み過ぎは太る原因にもなるので、1日100gを目安に摂取するようにしてください。

日常生活に甘酒を取り入れていく中では、毎日同じ味では飽きてしまいます。

私は豆乳やヨーグルトと組み合わせたり、生姜を加えたりして飲んでいますので、ぜひ試してみてください。

発酵のやすくん

次世代に発酵を伝える株式会社アグクルの代表である小泉泰英がお届けしました。
【苦手だったのに、毎日飲んでしまう】糀100%の甘酒「こうじつ」

Follow me!

PAGE TOP