商品を購入する方はこちら

悪玉菌の増殖!?おならやうんちが硫黄臭い理由とは?

「トイレに行ってうんち(便)をしたら硫黄臭かった。」
「おならをしたときの臭いが硫黄臭かった。」
「最近、腸内環境に目を向け始めたけど、硫黄の臭いってどういうこと?」

こんなことを感じている方に、読んでいただきたいと思い記事を書きました。

発酵のやすくん

社会と腸内細菌を発酵でつなぐために発酵食品会社の代表をしているアグクルの小泉泰英が記事をお届けします。

便の形や臭いが私たちの腸内環境を中心とした健康に大切だということをお伝えしていきますが、今回は、おならやうんち(便)の硫黄臭さについて説明をします。

あなたの気になっているおならやうんちの硫黄臭さの原因がわかるので、ぜひ最後まで読んでみてください。

おならやうんちが硫黄臭いのは、悪玉菌の増殖が理由だった。

本来、健康な状態であればおならやうんち(便)は無臭なのですが、臭うというのは、大腸の中にいる悪玉菌の増殖が原因です。

悪玉菌が増殖すると、おならやうんち(便)として硫黄のような臭さを放ちます。

あなたがトイレでうんちをしたときや、おならをしたときに温泉街や卵で感じる臭さを感じたことはないでしょうか。

あれが硫黄の臭いです。

私たち腸内には100兆個を越える腸内細菌が生息していると言われ、大きく分けると悪玉菌、善玉菌、日和見菌の3種類がいます。

悪玉菌は主に、大腸菌(有毒株)やウェルシュ菌、黄色ブドウ球菌などと言われる菌たちです。

悪玉菌は“悪”がついているだけに、私たちの体の中に生息していることはあまりいいことではありません。

なぜかというと、悪玉菌は腸内で有害な毒素をつくり出し、腸内をアルカリ性にすることで、便秘や下痢、を招き、最終的にはがんのリスクを高める原因にもなるからです。

健康的な状態のときのおならやうんち(便)は臭いがキツくなかったり、場合によっては無臭です。

おならやうんち(便)が硫黄臭いのは、腸内で、善玉菌ではなく、悪玉菌が増殖してしまっています。

【理由】どうして悪玉菌が増殖して硫黄臭くなったのか?

ではどうして悪玉菌が増殖して硫黄臭くなってしまったのかを考えてみます。

以下の3つが主な理由です。

  1. お肉の食べ過ぎ
  2. ストレス/睡眠不足
  3. 加齢

この理由の説明にいく前に、硫黄臭いおならやうんちが出る仕組みについて簡単に説明をします。

硫黄臭いおならやうんちが出る仕組み

私たちの腸内には100兆個を越える腸内細菌がいるとお伝えしましたが、その多くが大腸に生息しています。

私たちが食べた物は胃で消化され、小腸で吸収されます。

胃や小腸でも分解吸収することができなかったものが大腸にきて、腸内細菌によって分解吸収される仕組みです。

大腸の腸内細菌によって分解吸収を行うとき、ガスが発生させます。

そのガスはおならになるものもあれば、うんち(便)の中に含まれるものもあります。

このおならやうんち(便)は私たちの腸内環境の鏡とも言え、健康チェックに置いて大切な存在なのです。

あなたのおならやうんち(便)が臭わなければ、健康的である一つのサインであり、硫黄臭など臭いがきついとき、健康バランスが崩れているサインと捉えるようにしてみましょう。

次に悪玉菌が増殖して、おならやうんち(便)が硫黄臭くなってしまった3つの理由について詳しくお伝えします。

①お肉食べ過ぎ

おならやうんち(便)が硫黄臭くなる理由の中で頻繁に起こるのがお肉の食べ過ぎです。

悪玉菌は脂質や動物性たんぱく質を好み、私たちの身近ではお肉です。

たんぱく質は私たちの体を作るのに必要ですし、お肉には鉄分も含まれているので、食べてはいけないというわけではありません。

しかし食べ過ぎは悪玉菌の増殖を助長してしまうため、気をつける必要があります。

お肉を食べすぎると、悪玉菌によって硫化水素や二酸化硫黄、アンモニアなどが発生し、それが臭いの理由です。

②ストレス/睡眠不足

次に可能性があるのは、ストレスや睡眠不足です。

ストレスや睡眠不足に陥ると、内臓の働きや代謝、体温などの機能をコントロールするために働く自律神経が乱れます。

自律神経には昼間の活動時に優位になる交感神経と、夜などのリラックスしたときに優位になる副交感神経の2種類があります。

交感神経が活発になると、腸の動きは抑えられ、副交感神経が活発になると腸の動きが活発になるなど、腸内環境にも大きく影響しています。

自律神経が乱れるとどうなるかの前に、腸内環境を整えている働きについて話します。

1分でわかる!自律神経とは?交感神経、副交感神経も解説

腸内では腸管を収縮させて、MMC(伝播性消化管収縮運動)と呼ばれるお掃除をしています。

空腹時にお腹が鳴るのは、お掃除をしているサインです。

このお掃除のときに、殺菌性のある消化液によって悪玉菌を処理し、環境を整えています

しかし自律神経が乱れると腸の動きをコントロールできなくなります

正常にお掃除ができなくなることで、悪玉菌の抑制ができず、増殖し、おならやうんち(便)が硫黄臭くするのです。

まとめ

流れ1
ストレス/睡眠不足
流れ2
自律神経が乱れる
流れ3
腸のお掃除ができなくなる
流れ4
殺菌性のある消化液が減少する
流れ5
悪玉菌が増殖する
流れ6
おならやうんち(便)が硫黄臭くなる

③加齢

3つ目が避けることができない加齢です。

腸内環境の組成は60歳を越えると、善玉菌が徐々に減り始め、悪玉菌が増え始めるという変化が起こります。

現在、変化する詳しい原因はわかっていませんが、人間である限りいつかは弱っていくものなので、老化のひとつ出ると考えるのがいいかもしれません。

とはいえ、毎日の食生活や生活習慣によって少しでも腸が元気で、健康にいられることを心がけるのは大切なことです。

では次にどうしたら悪玉菌の増殖を抑えることができるのかについて説明します。

【改善方法】どうしたら悪玉菌の増殖を抑えることができるのか?

ここまで硫黄臭のおならやうんち(便)が出るのは悪玉菌の増殖が原因だとお伝えしてきました。

悪玉菌と付き合っていく上で、知って欲しいことをお伝えしてから増殖を抑える3つの方法について説明します。

悪玉菌は完全排除ではなく、バランスが大切!

悪玉菌は悪いものだとお伝えしてきたので、完全に排除した方がいいと思われるかもしれませんが、大切なのはバランスです。

悪玉菌の種類に大腸菌があることをお伝えしましたが、大腸菌は無毒株のときは日和見菌として分類され、有毒株に悪玉菌と分類されます。

大腸菌は悪玉菌として有害な毒素を作り出す以外に、ビタミンを生産したり、腸内へ侵入する有害菌を排除する働きも持っています。

また腸内環境において、善玉菌が20%、日和見菌が70%、悪玉菌が10%のバランスであるときが最も健康状態であると言われています。

つまり、悪玉菌も私たちの体の栄養を作るのに役になっていることもあるし、悪玉菌が多少ある方が腸内は健康なんだということです。

腸内細菌の種類とは?理想のバランスや腸内フローラまで徹底解説!

①決めた時間に寝るための生活リズムを作る

睡眠不足によって悪玉菌を増殖させないためは、生活リズムを作ることが大切です。

良い睡眠をとるには、自然のシグナルに従う必要があり、脳は明るくなれば起きるときで、暗くなれば寝るときだと判断します。

生活リズムは職業や年齢によってそれぞれですが、自分にあったリズムを確立し、決めたものをなるべく守ることを心がけましょう。

おすすめは、当たり前のようですが早寝早起です。

残酷すぎる成功法則(著者:エリック・バーカー)」という本の中には、「大半の人は、午前中最初の2時間が生産的だと調査で分かった。」と書かれています。

日本にも昔から「早起きは三文の徳」ということわざがあるように、朝のリズムを作れたらば、悪玉菌の抑制以上の良い効果もたくさんあると思います。

②ストレス解消のためのマイルールを作って、実践する

ストレスの解消というと枠組みが大きいですが、悪玉菌の抑制においてとても大切なことです。

試験前になると緊張(ストレス)で急にトイレに行きたくなったことはないでしょうか。

あれは脳がストレスを感知し、腸の活動(蠕動運動)が変化したことで、トイレに行きたくなるという仕組みです。

実は脳と腸はつながっており、そのことを脳腸相関と言います。

脳腸相関とは?なぜ脳腸相関が大切なのかも解説!

まず大切なことはストレスをなるべく溜めないことです。

しかしストレスというのは、何かをしたら必ず溜まってしまうものでもあります。

なのでそれをしっかりと解消するためのマイルールを見つけることが大切です。

ストレス解消というとクレヨンしんちゃんでネネちゃんがウサギの人形を殴るのが印象的ですが、自分の気持ちとしてストレス解消ができれば良いので、カラオケでも運動でもいいですし、温泉や自然の中に行くでも、近所を散歩するでもいいでしょう。

自然の中での散歩

私のおすすめは周りの景色が変わることをするをおすすめします。

いつもと同じ景色だと気分を切り替えることができないことが多いですが、いつもと違う景色を見ることで頭はリフレッシュされます。

そのため私はストレス解消やリフレッシュとして、時間があるときはハイキングや自然の木ぎたちに囲まれる神社などに行き、時間があまりないときは近所を散歩するようにしています。

③野菜や発酵食品などの善玉菌を増やす食事を意識する

食事によって悪玉菌の増殖を抑える方法についてお伝えします。

悪玉菌と善玉菌などの腸内細菌はシーソーのようになっています。

悪玉菌を抑制するには、善玉菌を増やすことが有効です。

善玉菌を増やすためには、乳酸菌や食物繊維、オリゴ糖などを摂ることが必要です。

そのためには、食物繊維が多く含まれた野菜やキムチやぬか漬けなどの乳酸菌が豊富に含まれた発酵食品を摂取したり、オリゴ糖を含んだ甘酒などの発酵食品を摂ること良いでしょう。

「毎日簡単に摂ることができるおすすめ発酵食品」について紹介した記事も載せていおきます。

毎日簡単に摂ることができるおすすめ発酵食品6選!正しい食べ方も解説
注意
過敏性腸症候群の方は、食物繊維やオリゴ糖などを多く含む野菜や発酵食品を控えたほうがよい場合もあります。

おわりに

以下がだったでしょうか?

おならやうんち(便)が硫黄臭い理由は悪玉菌の増殖でした。

そんな悪玉菌の増殖はお肉の食べ過ぎやストレスなどであり、改善方法として発酵食品や野菜を摂ること、生活リズムを作ることなどをお伝えしました。

おならやうんちが硫黄臭いことはいいことではありませんが、私たちの不調のサインとして現れてくれていると考えるといいでしょう。

動画版でも解説しましたので、ぜひこちらもご覧ください!


発酵のやすくん

次世代に発酵を伝える株式会社アグクルの代表である小泉泰英がお届けしました。

Follow me!

PAGE TOP