やらないものを決めることの大切さ

やらないものを決めることの大切さ

2019年が過ぎてまだ九日目。
なのにもうすでに毎日に追われていないだろうか。
今は追われていてもまた立て直すから大丈夫。
そんなふうに思っている人はいなだろうか。

追われる自分からの解放は本当に難しい。
「もう少ししたら頑張ろう。」と言っていると気がつけば1年が経つ。
多くの人の人生がそんなもので、年を取ってから後悔をする。
私たち若者はそんな大人をみて自分たちも大人への階段を登り始めている。
そしてまた多くの若者は、後悔する道へと進んでいってしまうのである。

まあでも私自身も同じように追われることはあるし、
明日から頑張ればいいやと逃げてしまうこともある。

でも逃げた後すぐに後悔して、必ずやることがある。
それはやらないものを決めることである。

あー追われているなと思ったときに、
昔は「でもやることがたくさんあるのだから仕方がない。」と
思うことで自分をさらに追い詰めていたのではないかと思っている。

でもあるとき、やらなければならないことを全部やらないといけないのか疑問に思ってきた。
そこから整理をして、やらなくてもいいものを探しては切って捨てていった。
そうすると本当にしなければならないことだけが残り、心に余裕が生まれた。

そんな風にやらないものを決めること
追われている現状から脱却できるのかもしれない。

Facebookを創業したマックザッカーバーグは優先順位をつけるのがうまいことで知られている。
Facebookも今は様々な機能が搭載されているが、昔は人と人とが繋がり合い、
コミュニケーションを取るために必要な機能しかなかった。

きっとザッカーバーグの頭の中には、たくさんのアイデアがあったけれども、
今もっとも必要なものは何かという優先順位をつけられたからこそ、
今のFacebookがあるのではないだろうか。

やりたいことはたくさんある。
やらなければならないこともたくさんある。
それ自体は本当かもしれない。
でも必要なのは、24時間という限られた時間の中で、
どれだけやらなくてもいいことを探し出し、切ることができるかだと私は思うのであります。

今日もお越しくださりありがとうございます。
私も今からやらなくてもいいものを探します!

Follow me!

PAGE TOP