過去は死ぬことはなく生き続けている

f:id:bb9112ks-yasu:20180816000255j:plain

 

今日は「海賊と呼ばれる男たち」を仲間と見た。

感動した。涙は出た。

(私はめっちゃ泣く。すぐ泣く。)

 

この映画がから何を学んだか。

それは、これからどんなに厳しく困難な未来が訪れようとも絶対に諦めないこと。

 

この映画のモデルは出光興産の出光佐三さんだった。

戦争を乗り越え、外国の石油メジャーと戦い勝ち取った結果今の出光がある。

 

私たちは先人の築いてきた未来によって今がある。

先人たちの智慧や経験、そして築き上げられた思想が今を作っていった。

そのように考えると過去は死ぬことはなく生き続けているのである。

ちゃんと私たちに受け継がれ、新しい未来に向かい進んでいっているのである。

 

私はかつての先人の想いをしっかりと胸に秘め、

さらなる良き社会に向けて一歩一歩前進していかなければならない。

 

人間とは弱い生き物である。

どんなに強い人間でも時には弱くなる時がある。

しかしリーダーというものは弱きの中にも真の強さを持たねばならないと思う。

 

私はそのような強さをもち、

未来へのミッションに対して諦めることなく努力していきたい。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP