【2019年1月28日】小泉泰英の毎日のつぶやき


過去のつぶやきを見たい方はこちら

Mission

なめらかなアグリカルチャー

食や農に存在しているギャップ(社会課題)を発見し、アグクルの事業によって平らにし、なめらかなアグリカルチャーを醸していきます。「食と農」としてひとくくりにして語られていますが、「食」というのは、「食べる・食べ物・食品」という意味で、消費者側からの観点です。それに対して、「農」というのは、「農業・農作物・商品」という生産者側からの視点です。モトとしては同じものだけれども、立場によって違っています。そしてこの違いが後継者不足や食品の安全の問題、地方過疎化などの問題を生み出しているのではないかと私たちは考えています。そんな歪みやギャップを私たちアグクルは事業によって、段差のないなめらかなものにしていきます。そして「食と農」というくくりを取っ払い、人々が自然とともに大昔から営んできた文化としての“アグリカルチャー”になっていくことを目指していきます。

Vision

目に見えないものを大切にする

私たちの周りには目に見えないもので溢れています。菌や微生物、自然、心や愛、絆、志、人とのつながり本当に大切なものの多くは目に見えないのかもしれません。目に見えないという理由で雑に扱うこともできれば、目に見えないからこそ大切にするということができます。私たちは菌や微生物と関わる中で、見えないけれど必ず存在し、役割を果たしていることを知りました。だからこそ、この目には見えないけれども必ず存在しているものを大切にし、あらゆる事業やサービスを行っていきます。

続きを読む

事業内容

商品購入はこちら

2018年5月に設立した私たちの初めの商品は
発酵食品‘糀‘を使用した調味料として開発・販売しています。

「糀」は味噌や醤油に加え、みりんや酢、日本酒などの大基にもなっている
日本の和食や伝統的食文化を築いてきた発酵食品です。

今回は糀を家族みんなで使える調味料として「おりぜシリーズ」をつくりました。
ラインナップは「あまこうじ」「しおこうじ」「しょうゆこうじ」の3つです。
『毎日の食卓に発酵の優しさを』をコンセプトに
家族団らんと笑顔をイメージさせる商品になってほしいという思いで作りました。

続きはこちら

代表のメッセージ

アグクル代表取締役・小泉泰英

私は人の表情が変化した瞬間、人が決断した一瞬に現れる未来の表情を見ることが快感であり、最高の喜びなんです。

両親とも話す中で知ったのですが、そのように感じていたのは幼少期からだったそうです。
小さい頃は人は何を喜び、何を悲しむのかを理解していませんでした。
そのため、昔は喜んでもらうために盛り上げることもあれば、ときに人の嫌がることもしてしまっていたのを記憶しています。
しかしその原点は、人の表情の変化を探していたのかもしれません。

だからこそ「まだない喜び。」「まだないありがとう。」「まだない驚き。」を届けることが私のミッションだと思い頑張ってまいります。

AGCL MEDIA

PAGE TOP